概要 リハーサルスタジオ レッスン室 ピアノブース 料金体系 音楽教室 予約 アクセス

オプション機材の一覧と詳細はこちらをご覧ください   
室内 壁面 ベースアンプ ギターアンプ@
   
3重の防音ドアを開けると、そこは赤い扉が印象的な空間。約12畳ある空間には6人バンドくらいまでが快適。部屋奥にある赤い扉のむこう、グランドピアノのブースとはつなげて使用することも可能です。 壁面には5か所、壁掛けタイプのギターハンガーを装備。スピーカーはなんと4発。壁マウントのためスペースもとらずスッキリ。 ベースアンプはHartke。響かせ方にひと工夫したアンプの置き方です。部屋鳴りを調整済みでEQをほぼフラットにしても気持ち良いです。 当スタジオのMarshallはシルバージュビリー、1987年のリイシューです。トランス電源と合わせると音の密度がグッとUP!
諸設備
・エアコンは手元でお好みの設定で使用できます。
・セッティングは変えてOK!(最後に元に戻しましょう)
コンセント口も多数あるので困りません。
大型の鏡を1枚設置してあります。
EV ZX1-90
(2way 200W 94dB 8inch)
BELDEN 8460
接続SPケーブル
壁・天井内を通すスッキリ設計
Hartke HA3500
(240W-8Ω)
Hartke 4.5XL
(10inch×4+5inchツイーター)
BELDEN 9497
接続SPケーブル
Marshall 2551AV
(100W 2ch)
Marshall 2555X
(12inch×4)
BELDEN 9497
接続SPケーブル
 ドラム キーボード カスタム電源 ヴォーカルマイク
 
ドラムはPearlのRefferenceシリーズを中核としたカスタムセッティング。シンバル類はロック向き、ZildjianのSを標準とし、ペダルやビーターもセレクト可能です。 キーボード類はピアノ鍵盤と軽いタッチのシンセ鍵盤を常設。オプションも含め多数。バンド編成によりスタジオ外に移動も可。 他のリハスタと根本的に異なるのが電源に対する姿勢。200V電源を装備し、そこからダウンアイソレーションして100Vと115Vで出力可能です。 標準マイクはSENNHEISER。高音の伸び、ヌケが心地よく、部屋の特性と相まってVocalがモニターしやすいです。定番のSM58もあります。
Pearl Refference Series
バスドラム 22"×18"
タムタム 13"×10" 12"×9"
フロアタム 16"×15"
スネア ブラスシェル 14"×5"
シンバル Zildjian S Rock Series
(HH 14" CRASH 18",20" RIDE 22")
Roland FP-2
(88鍵ピアノタッチ)
Roland JUNO-D
(61鍵盤)
※Kb持ち込みの場合
スタンドとベンチは持参不要!
X型、4脚型(ともに2段可)あり
スター電器製造(株)製・変圧器
200V→100V 4口
200V→115V 2口
SENNHEISER E835S
(単一指向性 40Hz〜16kHz)
MONSTER Performer500
マイクケーブル
ギターアンプA PA・音源再生デッキ類  マイクスタンド・譜面台  壁面音響パネル
安定のジャズコですね。ソリッドタイプの名機。クリーンにいきたいときはもちろんのこと、オールマイティに使えます。コーラスはやはり美しい。 カンタン設定な内蔵コンプと、オート設定のアンチフィードバック。スピーカー4発にも関わらず、まずハウリングを起こさない代物です。 スタンド類・譜面台は安定感と使いやすさを基準にセレクト。バンドの人数次第でスタジオ外に出してもかまいません。 バンドの編成等により理想の響かせ方・モニター環境を整えられます。表(反射)と裏(吸音)を使い分けられます。
Roland JC-120
(2ch 120W 30cm=約12inch×2)
YAMAHA EMX5016CF
(16ch 3BandEQ 2AUX 2FX)
再生可能メディア
DVD CD MD USB(wma mp3)
ポータブル音源(ステレオミニ)
マイクスタンド×6
ストレート×1 ブーム×5
譜面台×6
パネル表
スプルース無垢材
パネル裏
吸音材32K

Copyright(C) 2008 Eiichiro OKAWA & Studio SONICS. All Rights Reserved.